思春期以降の大人になってからのニキビは非常に厄介です。私の場合は20代後半でとっくにニキビができる年齢を超えているにもかかわらずニキビがぽつぽつと出てきてしまうのです。昔の私は大人になったらニキビが治まるものだと信じていたのですが、大人になっても思春期よりは軽くなった程度でニキビそのものが完全になくなることはありませんでした。大人になった今でも洗顔や化粧水は保湿重視のものよりニキビを予防するほうを重視したものばかりです。保湿の化粧水をいくつか購入していましたが、保湿重視だと肌に合わないためニキビが増えてしまうのです。スキンケアをしているのにニキビが増えて肌が汚くなるなんて普通では考えられません。もしかすると私は人と違うのかなと悩んだ時期もありましたが、ニキビ用の洗顔と化粧水を使うことで肌のコンディションが良くなるのならそれはそれでいいかなと感じています。ニキビを酷くなったときのみプロアクティブを購入しているのですが、プロアクティブは定期購入じゃないと少々お高めなので困ります。それでもニキビが完全になくなるのなら支払う価値はあるのですが、プロアクティブもだいぶ緩和はされても完全に治るまでには少々時間がかかります。肌の生まれ変わりの時期があるので効果が出るまでに時間がかかると解説書に書いてあるので、ニキビ治療は根気が必要です。